• 文子 佐藤

偶然の一致はベストタイミング

2年前の秋からの私自身のことを振り返ってみました。

人生の変化と加速がスタート!

帰郷するしかない実家の状況。さらに起こった父の運転する車の事故…

両親の住む県で高齢者の交通事故のニュースを月3度は目にしては、命の縮む思いで3か月めようやく事の 流れを受け入れて、ついに約40年ぶりに実家そばに移り住む事にしました。

立ち上げから関わってあと3年の契約を残す仕事をあとに

して、退社へと流れは一気に。長年の職業を清算。加えてお気に入りだった住まいの買い替え、始めたばかりのヒーリング業もすべてリニューアルしなければなりませんでした。

休みごとに横浜から実家のあるさいたまへの往復は、内容もハードで両立困難を極めたこともありました。

が、それより何より、時が来たことを心の奥底では解っていました。

内側と外側の両方から出来事としてこれ以上の偶然はなく、新たな始まりを感じました。自分のためであってもエゴからとはどこか違う生き方です…

大きな流れを受け入れると、あとはトントンとベストの条件で話しがすすんで行き、まるで宇宙が助けてくれているような不思議さでした。

そして要介護になった老親の60回目の結婚祝いを家族で祝うことが出来ました。

母の方は翌日全て忘れていた訳ですが。

写真のエンゲージリングは両親への気持ち

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

清らかなる波動に目覚めつつある時

この何年か、空気も光の色も違ってきたように感じる。 今月は相次いで大事な一件がサクサク進む。 良いことばかりじゃない。 なんか結果がすぐに届いて、思った次の瞬間には現実化してしまうんだ。 何気ない『思い』こそ気を付けよう。 これ、ホントなんだ。。。